インプラント治療の流れ

手術前から手術後までの流れ

 診査とカウンセリング

治療に必要な診査を⾏い、インプラント治療が可能かどうかを診断いたします。
患者さんの疑問や不安を取り除くために、時間を掛けて話し合いをしていきます。

矢印

 フィクスチャー埋⼊の⼿術

⻭根部分となるインプラントの部品(フィクスチャー)を⼿術により顎の⾻に埋⼊する⼿術を⾏います。
局所⿇酔(むし⻭の処置等と同じ⿇酔)を⽤いて⾏いますので安⼼して⼿術を受けていただけます。

インプラントイラスト
矢印

 治癒期間

この期間に顎の⾻とインプラントを癒合させます(1.5ヶ⽉から6ヶ⽉)。
※患者さんの⾻の状態により治癒期間は変わり、埋⼊⼿術の⽇に⼤体の治癒期間をお知らせすることができます。

矢印

 アバットメントの連結

⼈⼯の⻭の⽀台となるインプラントの部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結させます。

インプラントイラスト
矢印

 かぶせ物の装着

お⼝の中全体の型をとり、その型に従い⼈⼯の⻭を作成します。
その後、アバットメントの上にかぶせ物を装着し完成です。

インプラントイラスト
矢印

 アフターケア

定着したインプラントを⻑持ちさせるために、ホームケアと定期健診のご説明をいたします。

メンテナンスについて

インプラントは、治療後が⼤切です。
インプラントを⻑期に渡って機能させることができるかどうかは、
患者さんのメンテナンスにかかると⾔っても過⾔ではありません。

 毎⽇の丁寧な⻭磨き

やはり最も大切なのは、毎⽇の習慣付けされた⻭磨きです。
⼀⼈⼀⼈の⻭並びが違うように、個⼈個⼈の磨き⽅も違います。
当院では、的確で効率の良い⻭磨きができるように指導を⾏っております。

 定期健診

治療終了後の定期健診は⾮常に⼤切です。
当院では3ヶ⽉〜6ヶ⽉に1度の定期健診を⾏っていきます。
健診時に⾏うことは、主に⻭のクリーニングと咬み合わせの調整です。
特に咬み合わせに関しては、慎重に精査を⾏い個々に合った咬み合わせへと微調整していきます。