予防歯科

予防歯科の意義

皆さんは歯医者に⾏こうと思う時はどんな時ですか?
⼀般的に風邪を引いたら内科に⾏き、ケガをしたら外科に⾏きます。
しかし、⻭科領域において症状(痛みや腫れ)がでてから⻭科に受診をしても⼿遅れの場合が多いのです。
日頃から予防に⼼がけ定期的に健診を受けていれば、仮に⾍⻭になってしまったとしても治療時間、⽇数の軽減ができるなどリスクを最⼩限に抑えることが可能です。

プラークコントロール

予防⻭科として最も有効な⼿段は、プラークコントロールです。
プラークを除去するためには毎⽇の⻭磨きが重要ですが、⻭磨きの仕⽅を正しくマスターすることにより、より効果を発揮します。

 POINT1  優しく磨くことが重要。ゴシゴシ⼒をいれて磨いても⻭ブラシの⽑先が届いていなければ意味がありません。
 POINT2  ⻭ブラシの⾯を⻭にきちんと当てる。斜めになって当たっていてはプラークに⽑先がとどきません。
 POINT3  ⼩刻みに動かし、時間をかけてじっくり磨く。

当院では、なるべく道具を増やすことなく、⻭ブラシ1本でプラークコントロールをできるよう指導を⾏っております。
しかし、必要に応じてデンタルフロス、歯間ブラシ等々の併⽤を勧めることもございます。

PMTC

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning の略です。 つまり⻭科医師により専⾨の機器を⽤いた⼝腔内のクリーニングです。 毎⽇しっかりと⻭磨きをして予防を⼼がけている⽅であっても、⻭垢・⻭⽯の除去は完全にできるわけではありません。
定期的な検診でPMTCを施すことにより、より⾍⻭や⻭周病のリスクを低くすることができます。

インプラントイラスト

当院では、なるべく道具を増やすことなく、⻭ブラシ1本でプラークコントロールをできるよう指導を⾏っております。
しかし、必要に応じてデンタルフロス、歯間ブラシ等々の併⽤を勧めることもございます。

シーラント

お⼦様の⻭は⽣え始めてから2年から3年の間が最も⾍⻭になりやすく、特にこの時期の予防は重要です。
この⽅法は、あらかじめお⼦様の奥⻭の溝にシリコン樹脂またはセメントの⼀種を詰めておき、⾍⻭や細菌の進⼊を防ぐ予防法です。

フッ素塗布

フッ素と聞かれると、なんだか⾝体に悪いイメージがありますが、それは多量摂取した場合の話しであり医師による処置は安全です。
フッ素塗布をすることにより⻭の再⽯灰化を促し、⾍⻭が発⽣させる酸にも対抗できる強い⻭にすることができます。
しかしながら、フッ素塗布すれば無敵な⻭になるわけではありません。
やはり毎⽇の⻭磨きと定期的な健診が必要です。

予防歯科Q&A

 ⾍⻭予防のために⻭磨きのトレーニングなどしてもらえますか?

→もちろん、当医院の医師・⻭科衛⽣⼠から正しい⻭磨きの⽅法から、毎⽇のケアについて具体的に指導いたします。

 ⾃分に合ったケアグッズのアドバイス、販売はありますか?

→当医院推奨の予防⻭科グッズを様々ご⽤意しております。
患者さんの症状に効果的なケア商品をお勧めいたしますのでお気軽にご相談ください。

Proudly powered by WordPress
Copyright ©  医療法人社団 今村歯科医院
All Rights Reserved.