静岡市 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 静岡 歯医者

Prosthetic-欠損補綴

 

〒420-0065
静岡県静岡市葵区新通2-1-20
TEL 054-253-0543

 

トップページ»  欠損補綴

欠損補綴とは?

欠損補綴とは失った歯を人工的に補う治療法のことで、インプラント、ブリッジ、義歯(入れ歯)のことをいいます。
歯を失った部分をそのままにしておくと、歯並びや咬み合わせが悪くなってしまいますし、物が上手に噛めなくなります。
そこを人工的な歯で補うことにより、歯を失う前と変わらない日常生活を送ることができるのです。

では、インプラント、ブリッジ、義歯(入れ歯)とはどういったものかご説明いたします。

ブリッジ

歯が抜けた場合、見た目には何も変化がないように見えますが、直後から歯が抜けた部分の歯肉は痩せていきます。
その結果、今まで支えになっていた歯を失ってしまったことにより、隣の歯が空いたスペースに倒れこんできたり、かみ合っていた反対側の歯が伸びてきたりします。そして歯並びが変化すると、歯と歯の間にできた隙間や、歯がなくなった部分の歯肉には食べかすが溜まりやすくなり、周りの歯の虫歯や歯周病を惹き起こすことになります。
つまり、ブリッジとは、抜けた歯の代わりとなる人工の歯を、両隣の歯にかぶせる方法で、両隣の歯を土台にして人工歯を支える治療法です。

ブリッジ

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)とは、自分の歯に代わる人工の歯を意味します。総入れ歯、部分入れ歯の事を主に指し、今では金属を使わないものや、やわらかいシリコンタイプのものまで開発されています。

義歯(入れ歯)

歯牙移植

歯牙移植とは、余っていた親知らずなどの歯を失った部分に移植することを言います。
インプラントやブリッジ義歯などとは違い、移植する歯牙はもともとが自分の組織ですし、何よりも歯根膜という天然の靭帯が存在しているというのが大きな特徴です。場合によっては親知らず以外の歯を移植歯として用いることもあります。当院ではインプラント同様、歯牙移植も積極的に行っております。親知らずを移植する場合には保険適応となることがあります。

インプラント

インプラントとは、失われた歯の部分の顎の骨の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上から人工歯をかぶせる治療法です。
しっかり噛めて、ガタガタしたり外れることもないので極めて天然歯に近いです。
詳しくはインプラントのページをご覧ください。